ご紹介 ***

中尊寺  ※通年

世界文化遺産にも登録された岩手・中尊寺。
当館からは車で90分ほどで訪れることができます。
中尊寺は嘉祥3年(850)、比叡山延暦寺の高僧慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)によって開かれました。
 その後、12世紀のはじめに奥州藤原氏初代清衡公によって大規模な堂塔の造営が行われました。
 清衡公の中尊寺建立の趣旨は、11世紀後半に東北地方で続いた戦乱(前九年・後三年合戦)で亡くなった生きとし生けるものの霊を敵味方の別なく慰め、「みちのく」といわれ辺境とされた東北地方に、仏国土(仏の教えによる平和な理想社会)を建設する、というものでした。それは戦乱で父や妻子を失い、骨肉の争いを余儀なくされた清衡公の非戦の決意でもありました。
清衡公は長治2年(1105)より中尊寺の造立に着手します。まず東北地方の中心にあたる関山に一基の塔を建て、境内の中央に釈迦・多宝如来の並座する多宝寺を建立し、続いて百余体の釈迦如来を安置した釈迦堂を建立します。この伽藍(がらん)建立は『法華経』の中に説かれる有名な一場面を具体的に表現したものでした。

金色堂は必見です。こちらにおいでになりましたら是非一度訪れてみてください。
中尊寺周辺には、毛越寺、藤原の郷など歴史情緒のある施設がたくさんあります。

場所: 〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202   電話:0191-46-2211

URL: http://www.chusonji.or.jp/

 

 

« 瓦版トップページへ戻る

千登勢屋 旅館
〒980-0003
仙台市青葉区小田原6丁目3−8
TEL:022-213-8001 FAX:022-265-7551